講師・スタッフ紹介

主宰・安谷屋純一

エスカル・クッキングスタジオ主宰

pic_profile-adaniya.jpg
都ホテル総料理長を経て、2002年「食卓こそは幸福の舞台」を理念としたエスカル・クッキングスタジオを開設。2006年フランス料理界の最高権威とされるフランス料理アカデミー日本支部の会員に沖縄県内から初めて認定される。
主宰 安谷屋純一大航海時代、コロンブスをはじめ多くの冒険者たちが遥か未知の世界へと旅立ち、黄金や香辛料など新世界の恵みをもたらしました。その過酷な航路の途中、立ち寄り癒しを得たのが「エスカル(寄港地)」。食文化にまつわる多くの情報もここで交わされ。大いに発展を遂げました。

それから永い時を得て、学究の都・西原町の丘の上に新たな食文化の交流の都『エスカル・クッキングスタジオ』が誕生しました。この"食の寄港地"では、長くプロの世界で培った技を活かして家庭で作れるおいしい料理を指導し、『食卓こそは幸福の舞台』を理念とした、心豊かな料理・食育・食文化を提言していきます。

エスカル・クッキングスタジオ 主宰 安谷屋 純一


賞歴


1990年 那覇市功労市長賞受賞
1997年 日本最高料理長協会(八重洲会)金賞受賞
1998年 カナルディエ協会(仏) ジャンティオム賞受賞
2000年 プロスペルモンタニエ美食家協会シュバリエ・サン・フォルチュナ章受章
2002年 沖縄県優秀技能者県知事賞受章
2003年 ディシプル・ド・オギュスト・エスコフィエ の称号取得
2004年 全日本司厨士協会金メダル紫章受章
2006年 フランス料理アカデミーの称号取得
2008年 厚生労働大臣表彰受賞


職歴


1974年 沖縄都ホテル 洋食課 入社
1988年 パリ市商工会議所 エコール・フェランディー フランス料理上級学校入学 同校首席で卒業
1989年 パリ帰国後 沖縄都ホテルへ復帰
1999年 レストラン料理長を4年勤めた後 総料理長
2000年 沖縄都ホテル 退職
2002年 エスカル・クッキングスタジオ 開校


メディア(出演・執筆・講師)


琉球新報社主催「新報料理講習会」
ライフサイエンス出版「まーさっさーレシピ」(帝人ファーマ株式会社提供)
週刊レキオ「新沖縄レシピ」
びあぶれいく「王様のつまみ」
FM沖縄・Repose After Hours「オリオンびあぶれいく」
琉球放送 「ジョートーTV」など出演多数


著書


1995年 『ハーブ料理とハーブの本』 翁長 周子氏 共著 沖縄出版